個人輸入代行オランダ屋
おかげさまで20周年
海外のサプリメントやスキンケア商品を
安心・お得な価格でお届けいたします!
ショッピングカート
¥0 ($0.00)
カートを見る
お気に入り商品リスト
全カテゴリー

バルパリン(デパケンジェネリック)

2,025

◆商品の注文

[デパケンジェネリック]バルパリン(Valparin)200mg 【1箱100錠】

内容量
1箱100錠
使用対象
男女兼用
商品コード
OR08805
有効期限
2020/06/30
 レビュー投稿者には220ポイントプレゼント!
値段交渉をする
オランダ屋より低価格のサイトがありましたら、ご購入前にご連絡ください。
折り返しお返事させていただきます。尚、振込払いの場合のみ対応可能となります。

他社サイトに関しては、全く同一商品(セット数・発送形態)のURLを記入してください。
他社サイトにて、現在販売中の価格が交渉の対象となります。(在庫切れは対象外)

」のついた項目は、入力必須です。
商品名 [デパケンジェネリック]バルパリン(Valparin)200mg 【1箱100錠】
セット内容
他社の販売価格
他社の送料・その他手数料
他社サイトの商品URL
お名前
メールアドレス
備考欄
国際eパケットライト便【シンガポール発送】
獲得可能ポイント:3~188ポイント
1箱 2,025円 ($18.50)
2箱 2,953円 ($26.98)
⇒詳しくはこちら

同時に複数注文いただくと US$2ずつ割引!!

  • 2個注文で218円割引!(US$2.00)、
  • 3個注文で436円割引!(US$4.00)、
  • 4個注文で654円割引!(US$6.00)

同一商品に限らずどの商品との組み合わせでも、割引OK!(ただし、同一発送国・発送方法の商品に限ります)

※発送国により、割引額が異なりますのでご了承ください。

◆商品の特徴

バルパリンは抗てんかん薬デパケン錠のジェネリック医薬品です。有効成分バルプロ酸ナトリウムを含有しています。

てんかんとは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす病気です。てんかん発作は、脳の一部の神経細胞(ニューロン)が異常な電気活動を起こすことで生じます。

バルプロ酸ナトリウムは、脳内の抑制性神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させます。そのほか、ドパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進することで脳内の抑制系を活性化させて抗てんかん作用を示します。また、GABA神経伝達促進作用が抗躁作用へ寄与していると考えられ、各種てんかん、てんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)、躁病及び躁うつ病の躁状態の治療に用いられています。

また、γ-アミノ酪酸(GABA)を介して、片頭痛発作の発現を抑えるとされ、片頭痛発作治療にも使われています。ただし、起こってしまった片頭痛発作を改善するお薬ではなく、片頭痛発作を防ぐ、もしくは軽くすることが目的です。

バルパリンは、脳内の神経の過剰な興奮をしずめて、てんかん発作、躁状態を抑えるほか、片頭痛が起こるのを防止するお薬です。

◆効果

各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療
躁病および躁うつ病の躁状態の治療
片頭痛発作の発症抑制

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆使用法

各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療
躁病および躁うつ病の躁状態の治療

通常1日量バルプロ酸ナトリウムとして400~1200mg(2~6錠)を1日2~3回に分けて経口投与する。
ただし、年齢・症状に応じ適宜増減する。

片頭痛発作の発症抑制
通常1日量バルプロ酸ナトリウムとして400~800mg(2~4錠)を1日2~3回に分けて経口投与する。
なお、年齢・症状に応じ適宜増減するが、1日量として1000mg(5錠)を超えないこと。

◆使用時の注意事項

連用中における服用量の急激な減少ないし服用の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、服用を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行ってください。なお、高齢者、虚弱者の場合は特に注意してください。
片頭痛において、本剤は発現した頭痛発作を緩解する薬剤ではないので、本剤服用中に頭痛発作が発現した場合には必要に応じて頭痛発作治療薬を頓用してください。
片頭痛において、本剤服用中は症状の経過を十分に観察し、頭痛発作発現の消失・軽減により日常生活への支障がなくなったら一旦本剤の服用を中止し、服用継続の必要性について検討してください。なお、症状の改善が認められない場合は、漫然と服用を継続しないでください。
重篤な肝障害(服用初期6ヵ月以内に多い。)があらわれることがあるので、服用初期6ヵ月間は定期的に肝機能検査を行うなど、状態を十分に観察してください。その後も連用中は定期的に肝機能検査を行うことが望ましいです。また、肝障害とともに急激な意識障害があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、直ちに適切な処置を行ってください。
連用中は定期的に腎機能検査、血液検査を行うことが望ましいです。
尿素サイクル異常症が疑われる方は、本剤服用前にアミノ酸分析等の検査を考慮してください。なお、このような方は本剤服用中アンモニア値の変動に注意し、十分な観察を行ってください。
眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤服用中は自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないでください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
重篤な肝障害のある方
カルバペネム系抗生物質(パニペネム・ベタミプロン、メロペネム水和物、イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム、ビアペネム、ドリペネム水和物、テビペネム ピボキシル)を使用中の方
尿素サイクル異常症の方

◆副作用

劇症肝炎等の重篤な肝障害、高アンモニア血症を伴う意識障害、溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、重篤な血小板減少、顆粒球減少、急性膵炎、間質性腎炎、ファンコニー症候群、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、過敏症症候群、脳の萎縮、認知症様症状、パーキンソン様症状、横紋筋融解症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、間質性肺炎、好酸球性肺炎

傾眠などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

◆成分説明

Sodium Valproate 200mg

バルプロ酸ナトリウム 200mg

◆商品別名(日本名)

デパケン(協和発酵キリン)、バルプロ酸Na(藤永製薬、辰巳化学)、バルプロ酸ナトリウム(共和薬品工業)、バレリン(大日本住友製薬) 最終更新日 2018/04/16

◆その他の備考

Sanofi-Synthelabo (India) Pvt Ltd

◆支払方法

銀行振込 クレジットカード決済

◆カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。